Author

転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使った…

転職先を探している間は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない様にすると良いです。転職先が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に没頭していたおかげでいつの間にか集中力が養われます。加えて、体力を補っている事で、他の社員と比較するとスタミナがあると自覚します。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職サイトは一度登録したあとに、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。

転職サイトに一度登録すると、電話・メールで何度も連絡が入ります。これについて「転職エージェント」の利用が初めての人は結構びっくりするケースがよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが業務なので、かなり積極的です。中でも特に大手エージェントは、転職を成功させることで企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

安定を手に入れるべく正社員として働こうと考えている人…

より安定した人生を手にするべく正社員を目指す人はかなり多いのが現実だと思います。にもかかわらず、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに中々正社員として雇用されることがうまくいかないケースも少なくないはずです。準社員の求人募集は充実しているのに、正社員の求人以外には目も通さず時間を無駄にしてしまっているようです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は・・

求人関連の情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業をスルーしてしまっています。そのような人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と間違って理解しているケースもあります。現に、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される役職も結構多くあります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

全くの初挑戦の分野などに転業を考えるときには、以前の会社・・

今まで経験したことのない業界とかに職を移そうとするときには、前の職で、自分が身についた腕前や今までの経験が生きるという内容の自己主張が必要です。そのジャンルの未経験者はそれだけその業種で働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っている能力がそのジャンルでも十分に生きるということをうまく話すことができれば、戦うことができる場合もあります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転社を度々しないためにすることは一つだけです。

転社を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるのでメンタル面を鍛えるのには良い情報はたくさんあります。また、転職以外の行動によっても、精神面は強化できます。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職というものを考えるとき、その職場の自身の給与を過剰に気にする人が…

転職をする場合、その職場の自身の年収を過剰に気にする人がかなり多く見受けられます。とうぜん誰もがですから生活費をもらうために仕事を選択するでしょう。したがって自分自身の価値を測る指標としての側面もあるから大切なのは無理もありません。でも、愚かにももらっている年収額ばかりを執着しすぎるのも寂しい気がしませんか?よく見れば収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職の面接のときに着用していく腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの…

転職をする際の面接でする腕時計においては、どう見ても目を惹くタイプのものはやめておいた方が悪い印象にはなりません。この目立つという意味はブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではないのです。それとは逆に安っぽいものに見えるとか、そのような目立つということで真逆の意味で目を惹く、ということで考えておきましょう。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

女性の再就職は、今現在と数年前では若干の変化があるようです。

女性が再就職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があります。かつては面接の際に、結婚観や出産後の考え方など、当たり前のように質問されることが多々ありました。しかし、現在の流れとしては、そういった内容はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業の方が多くなっています。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

『転職をしたい!』と思っていて、その意志が強いのであれ・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。なぜならばこのときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられます。また、実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、半年ほど予定が伸びてしまいました。