Author

転職・退職の囲み記事転職集一覧

この話は従兄からの話です。始めに新卒採用にてどうしても働きたか・・

これは友達からの話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動で絶対に入りたかった憧れていたA社の最終面接で不採用になり、後に嫌々ながら違う会社に就職しました。その後2年経った頃に派遣の求人のサイトにおいてA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、じっとしていられなくなり当時働いていた会社を即退職して、派遣社員としてA社で働き始めました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

派遣の会社に入っています。ウェブサイトで気の向くまま・・

派遣の会社に登録しています。インターネットサイトで興味を引かれる仕事を探し出して問い合わせを行ってみると「残念ながらその仕事は、別の方が採用されました」と断られ一時的にウェブサイトからお仕事情報がなくなるのですが、次の日になれば元に戻っています。ということは結局は私だとよくないのっていうことですよね。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

派遣で就業しています。派遣法とか労働契約法の関係で残念な・・

派遣社員として勤務しています。労働契約法により残念なことに長く務めてきた就業先でのお仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣先の企業から直接雇用のポジションを得た人もいるのですがその理由としては実際のところ仕事の実力とは関係なく派遣先上司の扱い方が上手でそのおかげでお引き立てがあったとしか考えられません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職する場合は、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが…

転職を行うにあたっては、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは絶対に利用すべきです。以前、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の腹いせによってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる視点から見れば、投稿の内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズでも大丈夫で・・

再就職の面接に関してですが企業側からクールビズで良いとと伝えられる場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズで赴くのは本当は駄目なのでは?と感じてしまう人もいます。そういうことで悩みを抱いている方に進言したいのは、企業側からクールビズで良いとされた面接なら、言われたことを実行したほうが不安要素がないです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。

転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。会社のほとんどは履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を元に面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。ただ文字を書くだけでなく、記載内容を魅力的なものにすることも必要です。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

派遣会社に登録した上で仕事をする人が過去の規制緩和以降・・

派遣会社を介して働く人がだんだんと増えています。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちの何割があなたに入るのかをできるだけ面接の際に聞いておきましょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして・・

現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な企業は公開されたりと、不利益を被るシステムができてきましたが、まだまだ物足りないと考えられます。そのため、面接で見破る必要が出てきます。最初に、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ聞いてみることです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

あなたが今現在、「転職サイト」を活用して自らがストレスなく働け…

今現在あなたが、「転職サイト」で自身の働き方に近い条件の魅力的な仕事を探しているならば、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、紹介してくれる求人というのは、一般的に公開されていないからです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたというのに、少ししか仕事もしてないのに退職を選択してしまう人がずいぶん多いものです。私の考えではリフレッシュな気持ちで良い会社に飛び込んだものの、「自分の期待していた職場とかなり違っていた」「職場が受け入れられなかった」といった感じで退職を決意するのだとか。