転職の面接のときに着用していく腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの…

再就職する時に行われる面接でつける腕時計についてです…

  • 再就職の面接で使う腕時計についてですが、明らかに目を惹くような時計は避けたほうが悪い印象を与えません。この場合の、目立つは明らかに高そうに見える腕時計とか、といった意味合いだけではなくそれとは逆にチープに見える腕時計に見えるとか、そういった目を惹くという意味であって真逆の意味で目を惹く、ということで捉えておいてください。腕時計についてはポジションとしてはネクタイやスーツと同じようにとらえ面接に適切なものをつけた方が好印象です。とはいえ、年齢にあった腕時計というのも大切なことで、新卒時に準備した腕時計よりはわずかであっても高級感のあるものにした方が転職の面接においては断言できます。
  • ここ最近は、株・不動産投資の不労所得で儲けたり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。

  • 近頃、株や不動産投資等の不労所得、もしくは独立といった生き方も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員の道こそが正義」といった常識も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、不安の残る株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働くほうが大いに安定性があり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されてはいました。しかし、そういった時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」などと言い表されています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。