今までの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

以前の私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。

これまでは「転職サイト」ではなく、私はハローワーク派でした。というのも大手「転職サイト」は、いつも都心の求人情報だけだからです。であったので、求人情報を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。求人募集をしているどうしても知名度は低くなりますが、古くから地域密着という点では自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と感じている方も少なからずいるかもしれません。以外にも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、これから転職希望の方は、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。転職サイトのように執拗なニュースレターの心配もありません。

職を変えたいと転職活動をする人とは「少しでもはやく内定(採用通知)が欲しい」・・

今と違った企業につきたいと転職希望者の場合は「できるだけ早く、採用通知が欲しい」と考えるものです。でも、その気持ちが強くて良い知らせが欲しいあまり、自身をより大きく見せたり、その反対に自分を安売りしてしまう売り込みはぜったいに避けるべきです。焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、あなた自身の能力にあった職場探しに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる会社を賢く選んでみてください。