転職活動をやっていると、面接において高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていると、「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

転職活動をしている際に、例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機については、正直に話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由について率直に伝えるのはよくありません。たとえば給料に対する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、採用担当者に好印象を与えるものではありません。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そしてさらに、この企業に入社してこういうことをしたい、5年後はこうなっていたい、そのために御社に応募しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

職を変えた場合には、高い確率でそれまでの会社の仕事・・

仕事を変えた場合には、高確率でそれまでの会社の仕事での記憶は大方、美化されます。実際のところ現在の仕事に合意できないから、それを解決するために思い切って退職を決め、転職を決意したはずなのに、時間の経過とともにどうしてかわからないけれど「前職のほうが良いのでは?」と思い始めるのです。至って自然のことで、以前の職では仕事に慣れ切っていて普通に与えられた仕事もあっさりとできていたからというのが一番の理由にあるはずです。だが実際は「転職しなけりゃよかった」と心底思うほど、過去の会社のほうが環境や環境がいい可能性もあります。