転職候補に挙がっている会社の会社見学は、かなり参考になります。

転職候補に挙がっている会社での見学に参加すると良い勉強になります。

  • 転職したい会社の会社見学ができれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を近くで見られるのでワクワクします。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、実際の姿を見せてはくれません。特にその傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社するまで実際の働き方が出ません。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことが大切です。それに加えて、見学時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人間には、もしトラブルが発生しても保障が一切無いので、担当者から勧められても角が立たないように断るようにしましょう。

    長きにわたって接客業で仕事をしていたのですが、歳をとるにつれ…

  • 長年接客関係で勤めてきましたが、歳をとるにつれて立ったままの仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを第一目標として動き始めました。事務未経験となるとわりと難しく、そうであれば接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと資格試験にも合格し個人の病院に転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業をしていた頃よりも帰宅時間も遅いわけですが、まずはキャリアを形成しなければいけないと考えて仕事に励みます。