就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接の際、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を多く偽って、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。トラブルの原因になることもあるため、現職の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまずあり得ません。年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。
  • 転職活動をしている最中は、なにはともあれ必ず自分自身・・

  • 転職のための活動を成功させるには、まずとにかくあなたの内心が慌てないということを意識しましょう。会社で働きながら転職のための活動を行う場合はたいしてそうでもありませんが、退職してしまってからする際には、気持ちが焦りが出てしまいます。ですので、冷静に活動することを忘れないようにしましょう。自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージなどをハッキリイメージしておきましょう。そして、実際の職場とのそれらが合致してるか、徹底的に考えてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職で良い結果を出しやすくなります。