生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると考えている人・・

生涯初の失業保険をもらう際に、じっとしていれば受け取れると思っている人が…

  • はじめて「失業保険」を受けるとき、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が極めて多いですが、それは誤りです。本当は、きちんと受け続けるためには、求職活動を行う必要があり、それとは別に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でスタッフに就職活動の状況を報告して「この人は、しっかり就職活動をしているな」と見なされれば、翌月、保険が下りる仕組みになっています。その真逆に、真剣に就職活動をしていないと思われたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、当然問答無用で給付をストップされたり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために注意しておきましょう。

    転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が舵取りを行う現内閣では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たに経済政策を打ち出し、経済政策ともに日銀主導の金融政策とも相まって、財界や民間企業間においても新たな明るい動きが顕著に現れてきております。そのような変化の中で、一般の企業では労働人口の減少による「人材不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。また最近では、外国人の労働者を現状よりも増加させていく、であると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職といった状況にも、変化していくのは間違いありません。