転職エージェントは大手であるほど、いろんな案件を持って…

大手の就職エージェントに限って、いろんな案件を取り扱って・・

「就職エージェント」大手の場合、多数の案件を持っているというメリットがあるといえますが、同時に競合する転職希望者も多い可能性が高いです。それゆえにあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェントの担当者が見込みが少ないと判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいれば、その人を優先したりもするのです。要するに大規模なエージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っており意外と駄目で、策略を変えて中小クラスのエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できませんか?と相談してみると、自分の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

今からでも転職活動をするのなら、直近の業務や仕事の何に不満があるの・・

明日からでも転職活動しようと考えるのなら、今の職場・業務での不満に思う部分を明確にしておく必要があります。当然できていると思うと、意外とできてないです。元々気に入らないことがあるから転職したいと考えているのは分かります。しかし「きちんと現状である業務や業務の不満な点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を抑えることは可能です。