転職をするにあたっては事前に求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを閲覧したりし…

転職活動をするとき、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして…

  • 転職をするにあたっては前もって、インターネット上で求人サイトを閲覧したりして転職候補先の会社を調べるでしょう。しかしながら、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、仮に公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の社長の方針や社員の感想に関しては、額面通りに捉えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃない!」と気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな文句をつけて会社を辞めれないように策を練ってきます。ブラック企業では、このようなことが多いです。
  • 転職時の面接でだいたい投げかけられるのは前職を辞・・

  • 転職の面接でほぼ絶対に質問されるのは会社を辞職した原因のことです。このような質問に回答する際には話の内容を前職からそらしたほうが安心です。会社を辞めるに至った経緯が話題の中心になってしまうと言うまでもなくマイナス要素を伴った話になってしまいますから。ポイントとしては、どうして前の職場を退職したのかという事をぜひともこの職場に入りたいという考えがあったからという感じにできたらベストという感じで、今面接に来ている会社の方に話の方向を傾けていきましょう。転職理由でも、自分が行きたい会社の話になるので悪い面ではなく好印象の以前の会社を辞めた訳にすることができます。