転職時の面接で人事担当から「転職理由は?」といった形・・

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、必ずと言っていいほど訊かれます。このときに、どんな事情があっても、「人間関係」「労働環境」が良くなかった内容などは、極力避けましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスをダメにしてしまいます。面接では「前向き」な返答に徹するのが必要です。たとえば「新しい職場では自身のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような売り込みの形が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

転職を視野に入れているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。

もしあなたが転職を考えているのなら、前もって考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておくのがベストです。転職活動に有効に使えるので、転職の幅がグッと拡がります。といったわけで、資格取得するなら、在職期間中にベストタイミングになります。あなたが将来を考え、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の職を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。また、資格を取ることができれば、転職先での面接時に面接担当者に即戦力になる人材だと判断され、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。