就職活動をするときに特に注意すべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高・・

就職活動に注意すべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、…

  • 転職のため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長めであるというものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知していることが多いのです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記がされています。月の中で残業が発生することが想定されるので前もって給料形態に残業代を入れて計算しておくというものです。(ちなみに、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代45時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」ということになるわけです。ただし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない可能性もあるので気をつけておきましょう。

  • 再就職する時に絶対に書かなければいけない履歴書においてです…

  • 再就職する場合絶対に用意しないといけない履歴書についてですが、たいていは手書きではなく、パソコンで作成するというのが主流となっています。日本国内では履歴書はパソコンを使わず手書きで用意するというのが一般常識だと捉えられている面もありますけど、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、転職のケースは絶対にパソコンを使ってはいけないとはっきり言うことはできないのです。自筆の履歴書の方を高く買うケースもあるようですが、違う会社がずっと多くなってきていますから、パソコンを用いて作った履歴書や職務経歴書でもOKな場合はいくつもあるのです。