再就職のための面接では、小企業クラスの場合大体は「人事」が面接担当です…

再就職の際の採用面接では、中小企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官になりますが・・

  • 転職の際の採用面接では、零細企業であればおおよそ「人事」が面接官ですが、それ以外にも実際、今後仕事を一緒にしていく担当者、一言でいえば課長や部長などが面接担当になる可能性もあります。とりわけ、営業職や事務職といった部署に転職するのなら、資格での判断がしづらいので、なんといっても自分をアピールしていく事で良い印象を与えることができます。担当者から「この候補者はハッキリ自己主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。
  • 今ではPCを使えばわかるけどネットの世界では、いわ…

  • 世の中は変わっていてPCやスマホを使えばわかるけどインターネットの世界では、「転職に役に立つサイト」に類するものが相当な数存在しています。サイトから自身の目的にあった転職先と思えるのを見付けるためには、何よりも情報が大事ですから収集をしましょう。「転職サイト」をうまく利用することでよりスムーズな転職先を探せます。客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみてください。