近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。あなたに特許を出した経験があるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を提出した実績のある人や、雑誌で紹介された人など、「業績」を残した人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしも、あなたがいかにもヘッドハンティングのような連絡があったときには、そうなったきっかけを考えてみてください。まれにヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる会社もありますが、そういったものは例外なく詐欺ですから騙されないように注意しましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

    転職を考えている時に注意を向ける募集要項については・・

  • 職を変えようとしようとしている時に注視する募集内容については参考程度に、アバウトに書かれている、という可能性があります。なので、そこに記載されている内容は何もかもが正しいとは迂闊に信じるのはやめておいたほうが最適でしょう。その中でもとりわけ報酬の額などにおいては、平均の金額なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高値なのか?というジャッジができないことが多く、自分判断で解釈してしまうと、後から後悔することになる確率もあり得ます。という事で、嫌な思いをすることになる前に、求人に記載されている情報は一般的なものだと思って、そういったようなたいへん大事な事は直接確認を取ってみた方が妥当です。