転職の採用面接にある会社に赴きました。

転職のための面接に希望先の会社へ行ったときのことです。

転職の採用面接を受けるため希望先の会社へ向かいました。偶然会社の部屋が空いていないということで外部の会場で面接官と待ち合わせて面接をし、その場で解散をし、面接をした方もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車の中においても面接担当者とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなり、結果として打ち解けて面接しているよりも話が弾み、それがプラスに働いたのか何事もなく採用を勝ちとることができました。

今までは求人誌には、雇用主の希望する「性別」が記載されているのが一般的でした。

昔の求人誌には、雇用主の希望する「性別」が当然のように記載されていました。でも、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女差別が雇用の際にしてはならないとして、求人情報の概要に「性別」の表記ができなくなりました。けれど、求人情報を出す企業は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。実際問題、男性欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまったり、というような問題に遭遇する可能性があります。たとえば、「女性が活躍している仕事場です」といった内容なら、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておく確実でしょう。