転職をするのに、会社を辞めた後でと考える方もいますが・・

転職活動を行うのに、まず会社を辞めた後でという考えを持っている人もいるようです・・

  • 新しい職を探すのに、とにかく今の会社を辞めてからと考える人もいるようですが、そのような場合ボーナスの支給時期を事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す会社はたくさんありますけど、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスの支給の日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスをもらってから辞めるという考えもおすすめしたい手口です。ボーナスは月々の給与と比べて大きな額なので、もらわないと損ということも言えますから、退職の時にはボーナス支給日を一度確かめておくとスマートな方法です。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。しかし、忙しく働きながら求人を探しながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいといえます。転職活動中は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、自分で直接、応募したとしても相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と理解しておくべきです。