転職の際に外せない採用面接でのやめておいたほうがよいの・・

転職のための面接では、多数のひとが思い違いをしているのですが…

  • 転職の際に外せない会社での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが度を超えた猫をかぶることです。すると残念なことに採用を逃してしまいます。そうならないためにその場を繕うのではなく面接時は、「給与制度」などの、多くの人が触れにくい内容を思い切って率直に訊いておいた方が、最終的にあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でずけずけとそういった質問をすると選考結果に不利になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、けれども、意外とマイナスの結果をもたらす場合が多いようです。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、多くの人が気になっています。ついつい面接応募者の多くは、聞かないのも事実です。なので、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「ほかの人とは違うな」と思わせることができます。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動の最後の難問として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先が決まっても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと慰留するというのもよくある話です。もしそうなってしまったら、障害を乗り越えて退職する、という強固な意思を維持することが重要です。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権のある上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において必要不可欠です。