転職する場合、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが…

転職をするにあたっては、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが・・

  • 転職を始める際、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、逆に言えば、口コミの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。または、現実は『クロ』で「本当のことが書かれているので、火消ししなくては!」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、その分トラブルが発生する覚悟をしなければいけないとみなしていいでしょう。というか、善良な会社だったら煙は立ちませんから。

    雇用期間中は、状況が許す限り、周りの人間にバレない…

  • 雇用中には、状況が許す限り、周りの人間に悟られないよう、(自身の例ですが)雇用期間中に「転業するかも」という考えだけをはじめのうちに社内の人間に言ってみたことがありました。だが、その後求人サイトを散々探してみたのですが、思いとは裏腹に働く先もタイミングさえも無計画なまま進めていたので、知らぬ間に時間が過ぎてしまいました。一方の会社の方も退職に関わる諸々の手続き、自らの退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を探すハメになりました。