現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり・・

近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、…

現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公表されたりと、不利益を被る仕組みが出来てきましたが、完全とはいえません。したがって、面接で見破る必要があります。まずは求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについてあれこれ質問してみましょう。ブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げようとすることが多いです。給与や残業や休日に対しては、詳しく聞いていくと、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

もし転職することが、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう…

もしも転職することを、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。加えて、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに「転職します」と口にするのはあまり良いとは言えません。なので、上記のトラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。充分に警戒しておけば、良い空気のまま心置きなく会社を辞められます。そして、何の問題もなく円満退職になれば、転職後、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。業界や規模に関係なく、どのような会社も人との縁はとても大事なので、会社を辞める時のトラブルは、充分に注意しておきましょう。