求人誌をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人・・

求人に係る情報をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人誌を見る際、例えば、事務系の仕事がしたいからと、はなから製造業に目を通さない人がいます。そのような人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしている可能性が高いです。事実、製造業の求人であっても製造マンだけでなく経理、総務、人事といった人材募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に属する役職も相当数あります。製造業の大半はビジネス街でないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、でも、自身のこだわりを捨ててみることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 転職活動のとき、良いと思う求人(業種)があったら、必・・

  • 今から転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは職種)があれば、必ず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントでは、その業界のマイナスにあたる箇所は、知ることができないのが普通です。インターネットで調べれば簡易的なインターネット検索によって本来の姿を理解できるでしょう。そういう現実を知らずに入社すると、あとになってガッカリしてしまう可能性が高いです。その求人が出されていた理由が「仕事がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合も多いので、興味をもった案件や業種については、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。