女性が再就職する時、数年前と今現在とは若干の違いがあります。

女性の再就職に関しては、数年前と今とで若干、状況が変わりつつあります。

  • 女性が転職する際、ここ最近と数年前では多少、状況が変わりつつあります。以前は会社側から結婚と出産についての考え方についてごく普通に質問されることが珍しくありませんでした。ところが、現在はそのような内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞くのを避ける会社が増えています。特に大企業の場合は、NG質問として露骨に避けるようになっています。しかしながら、面接する側ははい・いいえ、の2択ではなく、その女性の姿勢、結婚後は退職するのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを漠然とは知っておきたいとは思っています。自らの将来設計を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に表現することで、面接官の疑問も解消できると思うのです。というワケで、たとえ、聞かれていない内容でも、あなたの側から率先して話をしてみると良いでしょう。

  • 求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、多くの職場で…

  • 求人関連の広告には、大部分の場合はまともな職場では月の給料が記載されているはずです。しかしこの月収の部分を確認する時には、しっかり確認する事が大事です。その多い少ないだけで納得しないようにしましょう。実は案件によっては、月収の金額の内訳で月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。何が問題かというと残業代を入れることで良い案件に見せて、人材を募集していることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている企業もあります。だから、そういった応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。