転職しようと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。

転職候補先で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、かなり参考になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、いつもの現場を見せることがまずありません。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーなどの職種です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社するまで、本来の姿はみえません。ですから、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことが賢明です。それに加えて、見学時に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから正直言って、言語道断です。入社していない段階では問題が発生したとしても、保障はありません。担当者から勧められてもていねいに断っておくようにしましょう。

  • 長い間接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねるに・・

  • 長いこと接客業で勤めてきましたが、年齢を重ねると共に立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを目標にして行動を起こしました。事務未経験の場合少々厳しくて、それなら接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も取って個人医院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた頃より帰宅も遅いわけですが、初めはキャリアを形成する時期だと割り切って頑張ります。