転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。今の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくべきでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になるおそれもあるので注意が必要です。

転職の活動を行う際は、まず何よりも自分の心が静かであ・・

転職をする活動をしている最中は、常に心のうちが落ち着いていることを忘れないようにしたいものです。働きながら転職のための活動をしている場合、あんまり気にする必要はありませんが、退職後にするのであれば、やはり内心が焦燥感が出てしまいがちです。ですので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明確にしておき、そのイメージを実際の職場と比べてみて、合致しているかをしっかり、冷静に見極めましょう。そうすることで、良い転職先が見つかりやすくなります。