はじめて「失業保険」をもらう際に、じっとしていれば受け取れると考えている人・・

はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくても給付されると考えている…

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくてももらえると思っている人がかなりいますが、それは誤りです。現実には、もらい続けるためには、求職活動を行う必要があり、その上、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月ごとにスタッフに求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。その反対に、本気で就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月の職員との面談を拒否している場合は、決まりとして給付の一時停止の措置を取られたり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるので充分に注意しましょう。
  • 政治によって変化の出始めている転職事情ですが、今の安倍政権では・・

  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍政権下ではアベノミクス「三本の矢」など、新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策ともに金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間においても次世代の社会的な変化が巻き起こりつつあります。そのこともあり企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」がかなり深刻化しています。ちなみに、「外国人労働者」の総数を今以上に高めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。