近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。

近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。あなたに特許を出した経験があるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。彼らは、特許申請をした人、「研究開発」における論文を出した人や、テレビで紹介された人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思えるような連絡をもらったなら心当たりがないか考えてみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、そういったものは言うまでもなく嘘であるので相手しないのが無難です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が支払うものではありません。

  • 仕事を探しているときに閲覧する募集事項は、基準的なものとして、アバウ・・

  • 仕事を探している際に目を光らせることになる募集内容については目安として記載されている、という確率も少なくはありません。なので、掲載内容が全部正しいとは当てにしない方がよろしいかと思います。なかでも給与面に関しては、平均の値なのか?最低金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった読みができない時が多く、独断でわかったつもりでいると、後から悔しい思いをする確率もあります。という事で、そうならないためにも、募集内容については目安だと思って、そういったような肝心な内容は直接聞くのが適切でしょう。