転職における採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。

転職したい会社の採用面接に訪ねました。

  • 転職の採用面接を受けるためある会社に伺ったときのことです。偶然会社の会議室や応接室が空いていないということで社外のある場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接を行い、その場で解散をし、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。それで電車の中でも面接担当者と一緒におしゃべりをしながら帰ることになって、結果として緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したからなのかなんと採用を掴み取ることができました。
  • 何年か前までは求人情報では、募集条件の中に「性別」が…

  • かつては求人誌には、募集条件の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。けれど今では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をないようにしないといけない事が決まり、求人情報の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかしながら、募集側は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。現実に、実は男性が必要な企業に女性が応募したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。もしも、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいたほうが無難です。