転職する場合は、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが…

転職活動を始めるにあたって、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

  • 転職時は、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、異なる視点から見ると、口コミの内容が真実でなければ、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。でも、本当は『クロ』で「これではいけないと思い、早く火消ししなくては!」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇するおそれのあると判断して問題ないでしょう。人もそうですが、本当に善良な企業であればトラブルなんて起こりません。

    在職期間中なら、可能ならば、周囲に悟られないよう・・

  • 在職期間にあるときは、できるだけ周囲に悟られないよう、(私のときは)雇用期間中に「転業するかも」という意図だけを早いタイミングで同僚に話してみました。しかしながら、その顎、求人誌をあれこれ見ていったものの、結局は就職先や時期など、計画も立てずに進めていたので、ズルズル時間を空費する結果に。その一方で、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、自身の退職の日程などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。