転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。

転職活動を行う場合、「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。ほとんどの企業は履歴書に加えて職務経歴に記載されていることを考慮して面接するかどうかを決めるため、どうあってもこれらの書類が大切なアイテムです。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を記入しましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。部門の残業時間を何%減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。ブランディングのために転職エージェントを利用するのも有効な手段です。
  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を探していることが条件になります。

  • 失業保険の給付については、「就職活動」していることが条件になります。そうだとしても、現実的には「今まで一生懸命働いてきたので、暫くは遊びたい」と思うのが本音でしょう。ですので、本当に次の仕事を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワーク職員との面談は当然必要ですが、その場で求人票のチェックは最低限必要です。実際には探したくないときは、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事がありませんでした」と言って、次の機会を探すという手もあります。