今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして・・

今日では、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、厳しく罰する傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えません。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。ともかく、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目ひとつひとつについて質問をぶつけていきましょう。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」というような逃げ腰になることがよくあります。「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食い下がると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、会社の正体がわかります。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社に入社すべきではありません。

もし転職することを、今勤めている会社の同僚たちがそのことを知ってしまうと…

転職することが、今勤めている会社の人たちがそのことを知ってしまうと、状況が大きく変わるおそれがあります。働く環境によって意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。ひどいケースでは、超過勤務をさせられることもあるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、避けるために今現在の仕事場では、真面目な態度でいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い空気をギリギリまで残したまま、仕事を辞められるはずです。さらに、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後にも、困ったときにアドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切なので、会社を辞める際のトラブルは控えましょう。