転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使った・・

転職期間では、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない生活をしてお…

  • 転職期間では、趣味に打ち込むほか、体力を低下させないようにしておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、復帰した際に、趣味に集中していたことによって無意識の間に集中する力がアップしています。また体力アップしているために、その場の社員さんと比較するとスタミナがあるということを認識することができます。なので、休職中は自分の好きなことに没頭することと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。もしも、その職場のなかで同じ趣味を持った人と出会えれば、話題に花が咲くので、趣味をとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 自らが転職を考えていた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • かなり複数の人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルが驚くほど多種多様で大体の場合、物足りなく感じる担当者ばかりでした。こちらは人生の大事な事なのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという考えがいっぱいになり、その事がきっかけとなって自らキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格の取得は費用も必要でしたし資格取得のための勉強においてもとてもハードですが、就職活動中の人たちに担当者があなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために努力しています。