女性の転職において、今現在とセクハラが問題視される前…

女性が再就職する場合、ここ最近と一昔前では若干、違いがあるようです。

  • 女性の再就職は、一昔前とここ最近とでは少し状況が変わりつつあります。以前は、結婚観や結婚後の予定に関して、ごく普通に質問していたのですが、現在はそういったデリケートな内容は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない企業が増えています。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、この手の質問には神経を尖らせているようです。でも実際、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の人生観、結婚したあとどうするか、育休の取得が必要なのかどうかなどを当然、知っておきたいとは思っているものです。自分の将来設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望の動機と並行して言い表すことで、会社側にも認識してもらえ、安心してもらえると考えます。ですので、聞かれていない箇所もあなた自身から積極的に話を進めていきましょう。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、普通の会社・・

  • 求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、大部分の会社では月の収入が明記されています。ただしこの月収の項目を確認する時には、注意深く確認する事が必要です。その数字だけを見て納得しないようにしましょう。そのわけは案件によっては、月収のなかに「毎月30時間分の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代の金額をトータルすることで金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。また「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せているケースもあったります。ですから、そうやって可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は近づかないほうが良いでしょう。