転職活動で面接において「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

転職のための活動を行っていて必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動中に、面接で絶対に聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、これとは異なり転職理由について正直に話すのは問題です。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社に応募しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。

  • 転職した際には、高確率で前の仕事の大方の出来事は美化されます。

  • 職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事の出来事は美化されます。本来は今の仕事内容が問題があるから、そういった思いを解決するべくやっとのことで転職を決めたはずなのに、過去を思い返すとどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と思うことが増えてきます。というのも自然なことで、前の職場では仕事の手順に慣れていて、楽に日常の業務が淡々とできていたからというのが大きい理由ですが、その一方、「退職なんてしないほうが良かった」と本気でいうほど、前の会社のほうが仕事に対してのやりがいや人間関係が良いケースも考えられます。