転職したい会社の見学は、たいへん参考になります。

転職先の見学ができれば、たいへん勉強になります。

  • 転職したい会社での見学に参加するとすごく勉強になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、職人技を近くで見られるため、楽しくなります。しかし、「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、実際の仕事現場を見せてくれることはまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に入社してみないと、実際の姿はみえません。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことがとても大切です。ましてや、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから正直言って、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない段階では仮にトラブルが発生してもそれに対する保証などありません。仕事体験ができる、と言われても角が立たないように断ることが大事です。
  • 長いこと接客業で勤務を続けてきましたが、加齢とと…

  • 長年接客関係で勤務してきましたが、歳をとるにつれ立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードなため、オフィスワークへ仕事を変えることを目指して行動を起こしました。事務未経験となるとけっこう厳しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務をやろうと考え資格を取得して個人医院に転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代より帰る時間が遅くなったのですが、最初はキャリアを形成する時期だと観念し頑張ります。