就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、年収は大変大切な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実にもらっている年収よりも多めに申告し高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルの原因になることもあるため、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことは通常あり得ません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

  • 転職の活動を成功させるには、まず必ず自身の心のう・・

  • 転職をする活動を行う際は、まず必ず心が落ち着いているということを大事にしましょう。会社で働きながら転職をするための活動をする場合はそれほどには気にしなくても良いですが、退職してしまってから行う場合は人というものは焦燥感が出てしまいがちです。ですので、気持ちを抑えつつ、活動することを忘れないようにしましょう。自分がやってみたいことや、理想と思える職場のイメージを明確にしておき、そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか、改めて冷静に見極めていきましょう。この手間を掛けることで満足いく転職が実現します。