求人を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人・・

求人サイトを見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人・・

  • 求人誌を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業を見ようとしないものですが、そうした人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしていることが少なくありません。事実、製造業の求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部門も結構多くあります。でも、製造業の勤務場所はオフィス街のような華やかな感じではないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。そうであったとしても、自身の執着をなくすことで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

    これから転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 業界・・

  • これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業種)を見た際に100%「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス要素について、知らせてもらえません。インターネットで調べればインターネット検索ですぐに本来の姿を理解できるでしょう。そうした検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、のちに後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、入っても続かない」というケースが多くを占めるため、気に入った案件や業種については、きちんとチェックした上で応募しましょう。