転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職活動をやっていると、面接において高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていて間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。給料・待遇に対する不満、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に好印象を与えるものではありません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

多くの場合大企業は定期採用中心で、転職で入る事はとても難しいものです。

多くの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入る事はとても難しいものです。さらに、地方でとなるとその確率は低くなりそうです。例外として、製造業の企業においては、地方の工業団地付近に製造工場を持っていることも可能性が高いです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

シフトの業務についてです。一定の曜日に勤務できる人を募集している求・・

これはシフトのある仕事についての話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、休む手順やシフトの出し方については前もってチェックしておきましょう。私は過去に、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、かなり参考になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあれば、非常に勉強になります。その中でも、「職人」がいる会社での見学は、腕を見るのが楽しくなります。しかし、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、通常通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

新卒採用で入った会社にお別れをして、決意を新たに転職しました。

新卒で入った会社を辞め、転職に踏み切りました。会社を退職する前は、人生でもっとも不安で悩みました。ですが、社会に出て数年経てば転職をして多数の人が転職をしていることを自身の転職活動中に思い知らされ、いつの間にか漠然とした不安が無くなりました。なにより転職をしたことでなにか気持ちが前向きになっていき、自分の好きな仕事を再確認できて楽しくなっていきました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

これから、労働力という観点においてどんどんシンプルな労働…

私たちの社会的環境において、今後ぐんぐんと簡単な労働は機械で処理されるようになっていき、そして、人手はカットされていきます。なぜかというと簡単な作業という観点では人間が作業するよりも機械で作業するほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは、機械なら何も不自由もありません。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうのです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

20代前半に転職を2回経験し、現在は資格を取得したいの…

20代のうちに転職を2回経験し、そして現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しています。フルタイムの勤務ではないのでやはり毎月の収入が少なくなってしまいました。ですが、心と時間に余裕ができました。学生時代に取った資格を生かして仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると考えている人・・

生涯初の失業保険の給付を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実際は、きちんと仕事探しを行っていなければならず、毎月一回はハローワークに通う必要がある。毎月ハローワーク職員との面談を経て、「この人は、誠実に就職活動をしているな」と判断されれば、翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとしてやっぱ…

以前は看護婦と呼んでいた看護師というのは職業として歴史的にも女性のすごく多い職です。厳しいことに気力だけでなく体力への消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。したがって職場の環境での対人関係の問題や、自身の結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい業種ともいえます。