転職・退職の囲み記事転職集一覧

全くの初挑戦の分野などに転業を考えるときには、以前の会社・・

今まで経験したことのない業界とかに職を移そうとするときには、前の職で、自分が身についた腕前や今までの経験が生きるという内容の自己主張が必要です。そのジャンルの未経験者はそれだけその業種で働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身の持っている能力がそのジャンルでも十分に生きるということをうまく話すことができれば、戦うことができる場合もあります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転社を度々しないためにすることは一つだけです。

転社を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるのでメンタル面を鍛えるのには良い情報はたくさんあります。また、転職以外の行動によっても、精神面は強化できます。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職というものを考えるとき、その職場の自身の給与を過剰に気にする人が…

転職をする場合、その職場の自身の年収を過剰に気にする人がかなり多く見受けられます。とうぜん誰もがですから生活費をもらうために仕事を選択するでしょう。したがって自分自身の価値を測る指標としての側面もあるから大切なのは無理もありません。でも、愚かにももらっている年収額ばかりを執着しすぎるのも寂しい気がしませんか?よく見れば収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

転職の面接のときに着用していく腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの…

転職をする際の面接でする腕時計においては、どう見ても目を惹くタイプのものはやめておいた方が悪い印象にはなりません。この目立つという意味はブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではないのです。それとは逆に安っぽいものに見えるとか、そのような目立つということで真逆の意味で目を惹く、ということで考えておきましょう。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

女性の再就職は、今現在と数年前では若干の変化があるようです。

女性が再就職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前では若干の変化があります。かつては面接の際に、結婚観や出産後の考え方など、当たり前のように質問されることが多々ありました。しかし、現在の流れとしては、そういった内容はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業の方が多くなっています。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

『転職をしたい!』と思っていて、その意志が強いのであれ・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに上司にその旨を伝えましょう。なぜならばこのときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられます。また、実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、半年ほど予定が伸びてしまいました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

今までの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

かつての私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に通っていました。理由は、大きな「転職サイト」は、構造上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったので、新しい職場を探す際は、いつも「ハローワーク」を使っていました。人気の転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、古くから地域に貢献している企業もあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしたた…

ある古物商の社員募集にて、書類選考をパスしました。すぐに担当者から面接の日時を指定してもらいました。しかしながら、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、始終驚くほどやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接が終わりました。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

励んでいる転職活動時、「私はかつて、このような価値のあ…

転職活動の際に「私は振り返るとこういった仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、手にしたスキルは、、、です」と過去の自身の実績を強くアピールする人は頻繁に見かけます。しかし、転職先となる再スタートを図る環境下で「近い将来このようなことをしてみたい」「これこれの業務ならぜひ貢献できると思う」と未来の姿を通してアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。
転職・退職の囲み記事転職集一覧

再就職を予定しているのなら、労を惜しまず頻繁に会社を調べたり比較したりしておく…

転身を考えているなら、まめにさまざまな企業の募集案内を調べておくと転職先の判断がしやすくなります。あなたが現在の仕事にやりがいを感じていない場合、いざ転職活動をする際、どこの会社もいいように見えてしまいます。そういった状況下では、どこに決めればいいのか、判断できなくなり、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。